政権交代

管新総理は日本を良くできるか?最後は、人間、誠意だと思う。

カテゴリー: お気に入り | コメントする

iPhoneからのテスト

テスト中です。うまくかけるか。

カテゴリー: お気に入り | コメントする

安房神社

  DSCF1267_s.jpg

房総半島のほぼ先端にある安房神社です。

創建:紀元前660年
社格:式内社(名神大)・安房国一宮・官幣大社・別表神社

『古語拾遺』によれば、神武天皇元年(皇紀元年)、神武天皇の命を受けた天富命が
肥沃な土地を求めて阿波国に上陸し、そこを開拓した後、さらに肥沃な土地を求
めて阿波忌部氏の一部を率いて房総半島南端布良に上陸し、その周辺を安房郡と
名附けて、天太玉命を祀る社を創建したという。後に布良の地より西に数百メー
トルの大神宮に遷座し、以後鎮座地は変わらない。周辺の地を神部とし、全国八
神郡の一つとなる。延喜式神名帳では名神大社に列し、安房国一宮として崇敬さ
れた。朝廷・武門から篤い崇敬を受け、特に領主の里見氏は社領の寄進や社殿の
修造を行い、そのときの寄進状が残っている。

さすがにここを日帰りで一気に行くのはつらいので、本日はカワサキのZR-7Sで
行きました。燃費もいいし、航続距離も500km近くあるこれもまたGN125と並ぶ
ぐらいの名車です。なんで名車は人気がないのでしょう。ZR-7Sも中古市場にも
出並ぶことの少ない希少車です。でも走りも燃費も航続距離も、そしてカウルも
最高です。

カテゴリー: 神社 | コメントする

館山の梵再び

DSCF1260.JPG

また館山の梵に行ってしまいました。繰り返し行きたくなるところはそれほど
多くはないですがここは間違いなく何度でも行きたくなるお蕎麦屋さんです。

今日は12月のバイクで寒かったこともあり、鴨汁せいろです。

ん〜〜うまい!! おいしいのですよ、これが。何とも言えません。
鴨汁にそば湯を入れて最後まで飲み干しても、まだもう一杯ぐらい飲みたく
なる鴨汁もそう多くはありません。

ああ、もう一杯飲みたかったなぁ。というわけで今日も大満足なのでした。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

大型自動二輪免許を取るということ

8月からほぼ3ヶ月連続で働き続けたら、労務法的に平日に休みを取らざるを得
ない状況になりました。平日休みなど病気以外ではこの14年間ほとんど取ったこ
とがなかったので、何をしようかと考えました。平日休みがあるとできること…..。
そうだ大型自動二輪免許を取りに行こう、と思い立ち、何せ平日殆ど休みなので、
予約入れ放題、鬼教官に脅されまくりながらの教習でしたが、おかげさまで最短
日数、卒業検定も1回で合格しました。

[大型自動二輪免許取得に思うところ]
これは、単に免許取得と思うより、「安全講習」と考えると非常に安くリーズ
ナブルです。とにかく毎日2時間から3時間、ありとあらゆる大型自動二輪の
乗り方を教わります。限界を知るというやつです。自分は急カーブを何キロで
曲がれるものか、人が飛び出してきたときに転ばない限界で何mで止ま
れるか、ナナハンで直角に曲がれるか、スラロームを限界何秒で駆け抜けられ
るか…等々。毎日とても勉強になりました。合格してしまうのが惜しいぐらい
の気持ちでした。最近はいわゆる「試験場一発」で限定解除合格した人もその後
教習所で最低3時間講習を義務づけられているようです。それらの方は見ている
とお気の毒です。もう完全にいじめられているとしか思えません。
片側1車線内で8の字を描き続けるとか、とんでもない配置のスラロームを駆け
抜けるとか….。すでに一発合格した人が何度も転倒するシーンや耐えきれずに
足つきするシーンを目撃しました。それができたら何だ、ということはないのだ
と思いますが、とにかく試験場一発の人に自分は下手なんだということを思い知
らせるために、あえて我々が泣きそうになった限界乗りを教えているようです。

カテゴリー: お気に入り | コメントする

つくばのつばきの

まあ、記憶に残らないお蕎麦屋さんです。記憶に残らないお蕎麦屋さんって将来どうなっちゃんうんだろう?こいけのように有名になるでもなく、竹やぶや一茶庵のように拝金主義に走れるわけでもなく。いったいどうなっちゃうんだろう?

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

つくばの安曇野

ここはまあチェーン店なんですかね。駅ビルでラーメンを食べているような味です。それ以上の表現はしようもありません。まずくもなく、感動的でもなく。やはりチェーン店の味という表現が一番ですかね。きっと企業努力はされているのだと思いますが。バイトの誰が作ってもそこそこの味を出すのって大変でしょうね。バイトが作ってこいけや喜楽庵のような味が出せたら億万長者でしょうか。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

つくばのいちい

つくばでは現在ここが一番おいしいんじゃないかと思います。

お気に入りです。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

秩父のこいけ

 

全国的に有名な秩父のこいけに行ってきました。

こいけのご店主は、一茶庵の片倉康雄氏が開いていた東京・池之端の蕎麦教室で、
片倉氏の助手を務めていたという方だそうです。

美味しい…….。

久しぶりに「モンスター級」のお蕎麦に出会いました。文句なしに美味しい。
ランクが難しい所ですが、歴代3位にランクさせてもらいました。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

GN125で行く東北ツーリングその5~14

GN125で行く東北ツーリングその5~14です。面倒になったのでここで一気に公開します。

GN125はあいかわらず絶好調です。

大内宿です。

続きはこちらをどうぞ。

右のリンクの東北ツーリング2009からもたどれます。そのままその14までどうぞ。

カテゴリー: GN125 | コメントする

GN125で行く東北ツーリングその4

GN125で行く東北ツーリングその4です。

GN125はあいかわらず絶好調です。

国道289号線です。国道289号線は阿武隈川と、会津の山並みの景色がとてもきれいな道です。

続きはこちらをどうぞ。

右のリンクの東北ツーリング2009からもたどれます。

カテゴリー: GN125 | コメントする

GN125で行く東北ツーリングその3

GN125で行く東北ツーリングその3です。

GN125はあいかわらず絶好調です。

松尾芭蕉も越えてみたかった白河の関です。

律令時代から使われているという旧道を通りました。

続きはこちらからをどうぞ。

右のリンクの東北ツーリング2009からもたどれます。

カテゴリー: GN125 | コメントする

GN125で行く東北ツーリングその2

GN125で行く東北ツーリングその2です。

国道294号線を北上中です。GN125はどこまでも絶好調です。

続きはこちらからをどうぞ。

右のリンクの東北ツーリング2009からもたどれます。

カテゴリー: GN125 | コメントする

GN125で行く東北ツーリングその1

GN125で行く東北ツーリングその1です。

旅の始まりは吉野家から(笑)。

続きはこちらからをどうぞ。

右のリンクの東北ツーリング2009からもたどれます。

カテゴリー: GN125 | コメントする

EOS Estate Cabernet Sauvignon 2005

ヒューストンで飲む。高い酸、タンニン強めで、辛口の味ながらも酒好きの私には美味しい。

カテゴリー: ワイン | コメントする

鉾田の村屋東亭

 
ここまで美味しいお蕎麦に出会ったのは久しぶりです。赤城の喜楽庵、喜連川
の奥州路以来の感動を覚えました。
今日も、ふらっと思い立ってGN125で出かけました。片道2時間(車なら3時
間)の行程です。美味しいです。すごいです。
こういうお蕎麦屋さんが、地域密着で、地元の人のよく行くお蕎麦屋さんとし
て存在しているのが何とも言えず好きです。
評価は迷うことなく5の5。どこにランクインさせるか迷いましたが、赤城の
喜楽庵の次にランクインさせてもらいました。
近年の大収穫。やはり、世の中に美味しいお蕎麦屋さんはまだまだあるもので
すね。感動しました。
カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

国王神社(茨城県坂東市)

 

国王神社というのはいかにも強そうです。国王神社ならもうそれでいいんじゃな
いか、もう決まりじゃないかと思いますが、なかなかそうでもないみたいです。
写真のように、良い意味で静寂としてかつ歴史を感じさせる、悪い意味でおんぼ
ろな神社です。しかし私はこのようなぼろいながらもやっぱり歴史を感じさせる
方が好きです。

創建:972年
祭神:平将門
平将門の戦死の際、難を逃れ奥州の恵日寺付近に庵を結び出家し隠棲していた将
門の三女如蔵尼が、将門の33回忌にあたる972年(天禄3年)に この地に戻り、
付近の山林にて霊木を得て、将門の像を刻み、祠を建て安置し祀ったのがはじま
りとされる。

カテゴリー: 神社 | コメントする

境町の花の茶屋

 

GN125に乗って、猿島郡境町にある花の茶屋に行ってきました。
ご主人はバイク好きです。私のGN125を見るなり。バイク談義が延々と続きまし
た。ご主人はビッグバイクを延々と乗り継いでこられたようです。
お蕎麦としては、いわゆる、こしのある硬い太麺で私は個人的には苦手です。
しかし、これは個人の好き嫌いの問題ですから、これじゃないとダメな人も
いるでしょう。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

境町の砂場

 

GN125に乗って、猿島郡境町にある砂場に行ってきました。
美味しいです。境町あたりは「おそば屋さん激戦区」ですが、その中でも
上位だと思います。
私は小さい頃「砂場」というお蕎麦やさんの名前が不思議でした。砂場と言えば
子供にとってはまさに砂場、遊び場であり、それとお蕎麦やさんがどういう関係
にあるのか不思議でした。
最近の研究によると、大阪城築城の際に資材置き場=砂場の近くに和泉屋という
そば屋があり、「砂場」と呼ばれていたという。それが江戸に進出してきたのが
関東中にある砂場のルーツだそうです。
その意味では、この境町の砂場さんもその系譜を引き継いでいると言えると思い
ますが、美味しいですよ。
奥さんも気さくに話しかけてくださり、店内も写真のような感じで良い雰囲気で
した。私は重ねせいろ650円をいただきました。リーズナブルな値段にして美味
しいお蕎麦。これこそが正当なお蕎麦屋さんだと思います。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

将門神社 (千葉県我孫子市)

 

所在地 :千葉県我孫子市日秀131
創建:940年
神社の由来は、天慶3年(940年)将門が戦没するや、
その霊は遺臣等と対岸手賀村明神下より手賀沼を騎馬にて
乗り切り、湖畔の岡稜に登り、朝日の昇天するを拝したと
いうことから、将門の三女・如蔵尼が藤原秀郷に討ち取ら
れた父の霊を祭ったのが始まりであるという。
平将門は平安時代中期の武将。生年不詳、西暦903年、916
年とする説がある。没年940年。
『平家物語』の冒頭で「承平の将門」と語られるのはこの人。
京で藤原忠平と主従関係を結び武士としての出世を願うが、
父の急死により帰郷。ところが帰ると叔父の平国香らが父の
遺領を勝手に相続していたため、平将門の乱を起こす。
その後、下総の猿島(茨城県)に独立国を立ち上げようと画策
したが平貞盛や藤原秀郷らによって討死にする。

カテゴリー: 神社 | コメントする

柏神社 (千葉県柏市)

所在地:千葉県柏市柏3-2-2
創建:1660年頃
羽黒神社と八坂神社を合祀した神社である。旧来、天王様として親しまれてきた。
八坂神社は1661年 (寛文元年) 頃、京都市東山区祇園町の八坂神社より迎え当地
に鎮座。
羽黒神社は1660年 (万治3年) 頃、山形県出羽三山の羽黒神社より柏の羽黒台
(当地の近隣)に迎えられたといわれる。
1888年 (明治21年) 、羽黒神社を当地の境内に遷宮。
1907年 (明治40年) 、羽黒神社を八坂社内に合祀。
1974年 (昭和49年)、社殿の改築と同時に「柏神社」と名称を改めている。
境内には樹齢300年を超える銀杏の巨木

カテゴリー: 神社 | コメントする

松戸神社 (千葉県松戸市)

 
GN125に乗って千葉県松戸市にある「松戸神社」に行ってきました。付近を
車で走られたことのある人ならご存じかと思いますが、松戸なんていう街はもう
車の渋滞が街になっているような所ですが、そこはそれ「超高速自転車」である
GN125には関係ありません。松戸神社は松戸市街の町中にあり、周りはすごく
狭い道ですのでなおさらです。
本日は日曜の大安のようで、お宮参りに赤ちゃんを連れた家族連れを多く見かけ
ました。どの子も幸せな人生が送れるといいですね。
またこの写真のように、神社は木が大きく、自然が多いことが、町中でも好きな
理由です。
本日もお賽銭は100円均一(笑)、お願いは「みんなが幸せになりますように」と
お祈りしてきました。

所在地:千葉県松戸市松戸1457
創建:1626年
江戸時代は御嶽社(みたけしゃ)と称し、水戸徳川家の崇拝を受けた。祭神は、日
本武尊(やまとたけるのみこと) で、東征の際に随行の吉備武彦連(きびのたけひ
このむらじ)・大伴武日連(おおとものたけひのむらじ)らと待ち合わせた陣営の
地に社殿が建てられたと伝えられる。
社殿は、江戸時代中期の元文年間の火災で焼失したが、再建され、安政2年(1855
年)の大地震で、拝殿のみ倒壊、文久3年(1863年)に再建。
【伝説】
徳川光圀が鷹狩りに松戸に来て松戸神社で休息した際、社殿の側のご神木に珍しい
白鳥がとまっていた。鷹に捕らせようとしたがすくんでしまって動こうとしない。
そこで、光圀は、自ら弓を引き絞って白鳥を射落とそうとした。家来は神域なの
で諌めたが聞き入れずに射ようとすると忽ち手がしびれてしまった。光圀は、怒っ
て神殿の扉に矢を向けたところ、矢は中ほどから折れてしまった。さすがの光圀
も驚いて神にその非礼を詫びて弓矢を奉納したという。

カテゴリー: 神社 | コメントする

赤城神社 (千葉県流山市)

 

千葉の流山市に赤城神社があるのもなんでだろうな~と思っていましたし、
そもそも「流山」って変な地名だな~と思っていましたが、この赤城神社の由来を
知ってちょっとわかったようになりました。確かに平野のなかにぽこっと一つ山
(と言っても標高15mですが(笑))があると、何か伝説か神社でも作りたくなる
気持ちはわかります。河岸段丘が出来る仮定で、このようにぽこっと山が残ったり
するものなのでしょうか?どなたか地質学・地形学に詳しい方教えてください。
また「みんなが幸せになりますように」をお願いしてきました。

所在地:千葉県流山市流山6丁目
創建:不詳。一説には、鎌倉時代創建の伝説がある神社(旧郷祉)であるとも言
われるが、元和6年(1620)再建。
群馬県の赤城山にある赤城神社の末社である。市内を流れる江戸川の左岸(東岸)
の小山の上に祀られている。伝承によれば、この小山はかつての洪水の際、群馬県の
赤城山の山体の一部が流れてきてここに流れ着いたものだという。また赤城山の
お札(おふだ)が流れついたとの説もある。流山という地名も、これに由来する
と言われている。赤城神社と言えば「大しめ縄」が有名。5〜60人が3班に分
かれて稲わらを打ち縄をなって芯に竹を入れて3本をよって作る。長さ10m、
太さ1.5m、重さ350キロ。

カテゴリー: 神社 | コメントする

諏訪神社 (千葉県流山市)

 
べつにそれほど信心深いとか宗教にはまっているというわけではないので
すが、神社のような静かで自然も多い場所は元々好きです。ふと、みんなが幸
せになればいいなと思い立ち、愛車GN125に乗って色々な神社を訪ねてみるこ
とにしました。神様にも公平になるように、お賽銭はどこでも100円均一。お願いも
「みんなが幸せになりますように」で統一です(笑)。

最初は、千葉県流山市にある諏訪神社です。ここも最近、近くにつくばエクスプ
レスが開通し、流山おおたかのもりという駅が出来て、巨大なショッピングモール
が出来たおかげで、道はいつも大渋滞していますが、GN125には全く関係あり
ません。以下、場所や歴史、いわれなどです。

所在地:千葉県流山市駒木657番地
創建:大同2年(807)
通称「駒木のお諏訪さま」。
境内には「諏訪神社遺跡」が存在しており、縄文時代後期から人が居住していた
ことがわかっている。
社伝によると大同2年(807年)に、高市皇子の後裔が移住し、この地を永住の地と
定め、当地開発の守護神として、信州の諏訪大社から分祀・創建されたとされる。
その後、平安時代末期の武将・源義家(八幡太郎)(1039年-1106年)が後三年の
役で奥州に向かう際に立ち寄り、付近で軍馬の調達をした。戦勝後の帰路、諏訪
神社に立ち寄って献馬をしたという伝承がある。諏訪神社の境内には「神馬の像」
および「馬を連れた源義家像」の2体の青銅像が置かれている。

カテゴリー: 神社 | コメントする

野田のそば処いっこく

 

GN125に乗って、野田のそば処いっこくに行ってきました。
途中の国道16号線は名うての渋滞道路で、ポルシェだろうがカウンタック
だろうが、のろのろと走ることしか出来ませんがGN125には全く関係ありま
せん。すっかり渋滞で止まっている国道16号線を法定速度できっちり行って
まいりました。
そこは何か、普通の自宅のようなたたずまいで、玄関に入っても本当に普通の
おうちの玄関のようです。しばらく間違えたかと思いました。ご主人が出て
いらっしゃって「そばが無いから今から打つけどいいかい?」と聞いてくだ
さいました。夕方4時に行った私が悪い。「打ち立てだからうまいよ」とも
おっしゃってくださいました。
野田の郊外の目立ちにくい所にあります。周りも決して風光明媚なところと
は言えませんが、鴨汁せいろをいただきましたが本当に美味しかったです。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

宇都宮の栗林(りつりん)

   
アメリカが長かったので、時差の反転がなおらず、温泉+昼寝が
したくて鬼怒川に行ってきました。あらかじめ、休憩室が広くて
景色が良くて、空いている(笑)温泉を見つけてあるのでそこに
行きました。土曜日だというのに休憩室にはだれもおらず、ぐっすり
昼寝が出来ました(ああ、気持ちよかった)。
帰りに宇都宮の栗林に寄ってきました。住宅地の中にあるので見つ
けるのが難しいですが、天性の感か一発でたどり着きました。
まあ、おそばはおいしいんですけど、つゆ好きの私にはいくらなん
でもあのおつゆの量は少なすぎます。そういうちょっとしたことで
二度と行きたくなくなるのは残念ですね。
カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

vistaでコンピュータの検索が出来ない人へ

それは私のことですが、

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→
「\\***.***.***.***(IPアドレスなど)」と直接打ち込めば簡単に探せるんですね。知らなかった。XPの時はもっと簡単だったのに…

カテゴリー: お気に入り | コメントする

遅い桜を探しに北へ

 
 

家の周りでは桜はすっかり終わったので、遅い桜が見たくなって、
現代のモンスターバイクGN125Hに乗って北へ走ってみました。
当然北へ走るだけでは相当北へ行かないといけないので、同時に
「上」にも上る必要があります。つまり標高の高い山の上へ。
おかげで、周りに完全に人のいない遅い桜を堪能することが出来
ました。

カテゴリー: GN125 | コメントする

養老温泉「新川」

千葉の養老温泉に行ってきました。今回は温泉の中心からは少し離れて
いて、川沿いの露天風呂が気持ちよさそうな「新川」さんにふらっと
よってみました。このお宿は風呂が二つあり、一つは洞窟風呂、一つは
露天風呂。洞窟風呂は、地下の暗黒にサウナのような状態であり、なか
なか斬新な経験です。一方で川沿いの露天風呂は周りから丸見えだろう
にと思う開放感です(もちろん、こちらは覗いてもらうのは大いに大歓
迎です(笑))。かなり気に入りました。

カテゴリー: 温泉 | コメントする

亀山湖の上総屋京兵衛

 
有名なお店です。亀山湖自体が釣りや観光の名池ですので、良い場所に
あると言えます。ただ、場所が良いだけでなく、味もしっかりとしてい
るので有名な人気店なのだと思います。
寒い日でしたし、おいしいという噂でしたのでかも南蛮を注文しました。
過去に何度も書いていますように私の場合、かも南蛮を注文した段階で
負けです(解説:かも南蛮が異常に好き。でもそれだとおそば自体の評
価が難しくなるので、あえて、ざるやもりを注文している。嗚呼、なん
か矛盾)。せめてもの評価は、そばの味に加えて「そば湯と共にかも汁
を最後まで飲みたくなるかどうか」でしています。上総屋京兵衛さんの
は最後の一滴まで飲みたくなるものでした。
カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

酒々井の源

 

酒々井にあるおそば屋さん源です。写真からもわかるように、盛りつけも、
煎った蕎麦の実などを食べさせてくれたりとなかなか独創的なお店です。
蕎麦アレルギーの人が見たら気絶するでしょうか(そば屋にはそもそも行き
ませんね(^_^;)。
美味しいですが、また行きたいと言うほどでもありません。家が近ければ
行くでしょうが。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

千葉市のたかはし

    
GN125Hに乗って千葉市のたかはしに行ってきました。
特に感動することもなく、まずくもなく、普通のおそば屋さんです。
カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

雄蛇ヶ池

GN125Hに乗って雄蛇ケ池に行ってきました。雄蛇ケ池(おじゃがいけ)は千葉県
東金市にあります。慶長19年当時の代官島田重次(後に出家して伊伯)
の指揮の下、10年にわたる難工事の末に完成した農業用の溜め池です。
雄蛇ケ池という名は、伊伯の夢枕にたって着工を促した蛇神に由来するといわれ、
湖を七回り半するとその蛇神が姿をあらわすという言い伝えがあるそうです。
湖周には約3.3kmの遊歩道があり、天気の良い日は快適です。かつては鮒釣りで
知られたが、最近はバスフィッシングに取って代わられたそう。
 雄蛇ケ池は、その風景の美しさから「房総十和田湖」とも言われたり、かとお
もうと心霊スポットとしても有名で、女性のすすり泣く声がどこからともなく
聞こえてきたり、笑い声が聞こえてくるなどの報告例もある。が、それはただ本
当の女性が泣いていたり笑っていたりしただけではないかという気もするが(デ
ートのメッカでもあるので)、まあ噂は噂で(笑)。

カテゴリー: GN125 | コメントする

松戸の宮前

  

松戸みたいなごみごみした町にもこんな空間も残って居るんですね
というような僻地にあります。じっさいこの殆ど上を高架道が走っ
ているので、この写真だけ見るとすてきですが、全体から見ると
景色は台無しです。もちろん宮前さんのせいではありません。こん
な所に高架道を通している国土交通省が悪いのです。宮前さんは
大正時代からの古民家を大切にされています。
美味しいです。つけだしとデザートが付いて1050円ですが、お
味は明らかに世間の標準以上です。
でも何かが足りません。何が足りないのか良くわかりませんが、
「記憶に残らない味」とでもいいましょうか。それ以上の形容は難し
いです。「記憶に残らないおいしい味」と言えば想像してくださるで
しょうか?。明日には忘れていると思います。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

神田やぶそば

DSCF1027s.jpg

神田やぶそばといえば、もう、浅草寺とか皇居というのと同じ
「観光地」です。ですからお客さんもそういう人が多く、そうなる
とお店側のサービスもどうしてもそうなります。これは神田やぶ
そばさんが悪いのではなく、もうどうしようもないのだと思い
ます。観光地的建造物(お店)の避けれないジレンマでしょう。
ですから、なにか、「落ち着ける場所」とかそういうのを期待
して行ってはいけません。また、当然、「ひいきのお店」、な
どというのも幻想です。あらかじめ戦争の捕虜所で配給の食事を
受ける気持ちで行かれると、ちょうどがっかりしないぐらいのサー
ビスをうけることができます。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

八潮の大椙

DSC_0005s_2.jpg DSC_0001s_2.jpg

この看板好きです。こういうのを見ると店主の人の良さというか
センスの良さを感じます。内部も、地酒のセレクションも良さそ
うです。ただ、私はいつもGN125で食べに行っているのでお酒と
一緒に楽しめないのは残念なところです。
評価は5段階の4。私の好きな細麺にしっかりと蕎麦の実の味が
残った美味しいお蕎麦です。日本のビールよりベルギービールが
好きなのは、麦の雑味を「あえて取り忘れたのではないか」と思う
ような味にあります。大椙さんのお蕎麦にもそういう良さがありま
す。
一生ものの記憶かと言えば、残念ながらそういうものではありませ
んが、明らかに世間の標準の上を行っていらっしゃいます。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

EMOBILEに接続できない方へ

新しいパソコンだと、EMOBILEを買って接続しに行っても
「接続が中断されました」のエラーが出て最初からまったく
接続できない状態になります。
そんなときは「ファイル名を指定し実行」で
services.msc /s
と入力し、たぶん「停止」になっている
・Telephony

・Remote Access Connection Manager
のサービスを開始(自動)にすると繋がるようになります。

カテゴリー: お気に入り | 2件のコメント

三郷の天徳

DSC_0012s.jpg DSC_0008s.jpg

三郷の中川の近くの田園の中にあるおそば屋さんです。40年以上蕎麦一
筋でやっていらっしゃるというその味は、だてではなく、基本的に美味しい
です。
ただし、長くやっていらっしゃる分、もしかしたら「これが一番うまい」
という固定観念が出来てしまっていらっしゃるのかもしれません。日本に
は天徳さんより美味しいおそば屋さんが沢山あります。それもびっくりする
ほど美味しいおそば屋さんが。
もし、もう一度初心に帰えられるお気持ちがあるなら、今一度モンスター
級のおそば屋さん巡りをされてはいかがでしょうか。
しかし、基本的には美味しいおそば屋さんです。評価5の4です。特に理由
がなければ二度と行かないと思いますが、地元の人が楽しまれる分には十分
な味かと思います。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

竹やぶ(鹿島神宮)

DSC_0030s.jpg

鹿島神宮の門前通りを少し脇にそれたところにある「竹やぶ」
です。これで柏の元祖竹やぶを含めて三軒目の竹やぶです。
まあ、普通に美味しいです。この写真の通り、器のその他は
いただけませんが、柏の、ほんのちょろっとで1050円の
せいろに比べると良心的な料金で、まずまずの量と味です。
ただ特筆するほどのこともありません。接客のまずさは柏の竹
やぶ譲りでこちらも負けず劣らず良くありません。
竹やぶは接客を教えないのか、それとも良くない接客を持って
して特徴としているのでしょうか(笑)?

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

佐原の小堀屋本店

DSC_0002s.jpg DSC_0009s.jpg

佐原は観光地です。伊能忠敬の地であるだけでなく古い町並みを
保存しているので、休日ともなるとどっと人が押し寄せます。

佐原の小堀屋本店は天明2年創業といいますから1782年ですね。
220年以上の伝統がこのたたずまいの写真からもわかると思います。そして
名物はこのイカスミスパゲッティのような真っ黒な「黒切り蕎麦」。
日高昆布の粉末の色だそうですが、美味しいです。

問題は、大観光地なため、休日は観光客であふれかえることです。
とても静かにお蕎麦を食するという環境ではありません。私もその一人なので
偉そうなことは言えませんが。佐原という町はよい町です

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

鹿島神宮

 
創建:神武天皇1年(紀元前660年)
社格:式内社(名神大)・常陸国一宮・官幣大社・勅祭社・別表神社

日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社です。同県神栖市にある息栖神社、千葉県香取市にある香取神宮と合わせて東国三社と呼ばれます。

平安時代に、「神宮」の称号で呼ばれていたのは、延喜式神名帳によると伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3社だけという。

武甕槌神(タケミカヅチ)を祭神とする。タケミカヅチは葦原中国平定においてアメノトリフネとともに葦原中国(あしはらのなかつくに)の荒ぶる神々を制圧し、タケミナカタとの戦いに勝利し、葦原中国を平定した。元々は鹿島の土着神で、海上交通の神として信仰されていた。ヤマト王権の東国進出の際に鹿島が重要な地になってきたこと、さらに、祭祀を司る中臣氏が鹿島を含む常総地方の出で、古くから鹿島神ことタケミカヅチを信奉していたことから、タケミカヅチがヤマト王権にとって重要な神とされることになった。平城京に春日大社(奈良県奈良市)が作られると、中臣氏は鹿島神を勧請し、一族の氏神とした。

国宝
直刀・黒漆平文大刀拵(ちょくとう・くろうるしひょうもんたちごしらえ)、附:刀唐櫃
「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」「平国剣(ことむけのつるぎ)」とも呼ばれる。柄(つか)・鞘を含めた全長2.71m、刃長2.24mの直刀。奈良時代末期から平安時代初期の制作。現存する伝世品(出土品でない)の日本刀の中では、古例の一つであり、また刃長の点では最大の作品とされる。これほどの長大な刀身を作るために、途中4か所で刀身をつなぎ合わせるという極めて珍しい手法を使っていることが判明しており、技術的にも貴重な存在である。外装(柄・鞘)は、黒漆塗りの上に平文(ひょうもん、金銀などの薄板を貼って文様を表わす技法)や金銅透かし彫りの金具で装飾を施した古様な技法によるもので、正倉院の「金銀鈿荘唐大刀」の流れをくむ

歴史の長い神社はどこでもそうですが、このような大木の参道が何よりも好きです.
カテゴリー: 神社 | コメントする

香取神宮

  
創建:紀元前643年。
社格:式内社(名神大)・下総国一宮・官幣大社・勅祭社・別表神社

香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県香取市香取にある神社です。式内社、下総国一宮で、旧社格は官幣大社。日本全国に約400社ある香取神社の総本社。

『常陸国風土記』によると、神代の時代に肥後国造の一族だった多氏が上総国に上陸し、開拓を行いながら常陸国に勢力を伸ばした。この際に出雲国の拓殖氏族によって農耕神として祀られたのが、香取神宮の起源とされている。

鹿島神宮と共に蝦夷に対する大和朝廷の前線基地であり、重要視されていた。平安時代に「神宮」の称号で呼ばれていたのは、延喜式神名帳によると伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社だけであった。

国宝「海獣葡萄鏡」
直径29.6cm、縁の高さ2cm、重量4,560g、白銅製。『日本三銘鏡』のひとつと称される。

所在地:千葉県香取市香取1697

カテゴリー: 神社 | コメントする

伊能忠敬旧宅

DSC_0006s_2.jpg
佐原の伊能忠敬旧宅です。

伊能忠敬は宝暦12年(1762年)、18歳の時に、下総国香取郡佐原村(現・香取市佐原)の伊能家に婿養子に入り、以来しばらくは商人として活動する。伊能家は、酒、醤油の醸造、貸金業を営んでいた他、利根水運などにも関っていた。商人としてはかなりの才覚の持ち主であり、伊能家を再興したほか、佐原の役職をつとめたなどの記録が残されている。その間かなりの財産を築いた。寛政6年(1794年)12月、50歳の時に、家督を長男景敬に譲り隠居、翌年江戸に出る。江戸幕府の天文方・高橋至時に師事し、測量・天文観測などを修めた。寛政12年(1800年)、56歳の時に、第1次測量を開始。これは、測量家としての腕を見込まれたことのほか、忠敬が私財を投じて測量事業を行おうとしたことが幕府にとっても有益だと判断されたということがあったようである。幕府は、伊能忠敬に全国の測量をさせると共に、薩摩藩の偵察の意味合いも重きにおいて全国に派遣させていたとされる。最初の測量は蝦夷地(現在の北海道)およびその往復の北関東・東北地方において行われた。宗谷付近については、当時、伊能がその弟子であった間宮林蔵に依頼して行わせた測量結果を基に作図が行われた。ただし、忠敬の測量が極めて高度なものであったことから、その後徐々に幕府からの支援は増強され、国家的事業に育っていった。また、この際の測量により、緯度1度がおよそ111km程度に相当すること、またそれを元に、地球全体の外周がおよそ4万km程度であると推測した。この値は、現在計測されている数値と0.1%程度の誤差であり、忠敬の測量の正確さの証拠とも言える。こうして作られたのが大日本沿海輿地全図であり、大変精度の高い日本地図として評価された。完成したのは忠敬没後の文政4年(1821年)であった。墓地は上野源空寺(源空寺には、高橋景保・高橋至時・伊能忠敬の大日本沿海輿地全図組三人頭の墓が並んでいる)。死後の文政11年(1828年)、シーボルトがこの日本地図を国外に持ち出そうとしたことが発覚し、これに関係した日本の蘭学者(至時の息子高橋景保ら)などが処罰された(シーボルト事件)

DSC_0007s_2.jpg DSC_0008s_2.jpg
これが、現存する伊能忠敬旧家で、古き良き時代の日本の家屋を思い出させます。
カテゴリー: お気に入り | コメントする

館山の梵

DSC_0016s.jpg DSC_0011s.jpg

絶品です。南千葉では間違いなくナンバーワンではないでしょうか。

千葉県南部でこんなに美味しい蕎麦にあえるとは期待していなかった
だけに、感動と、感心しました。

さすがに、赤城の喜楽庵のような「モンスターそば屋さん」には負けま
すが、ここは機会があればぜひもう一度行きたい味です。おすすめです。
とりあえずランキング3位にさせてもらいます。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

君津の九拾九坊

  

君津市にある九拾九坊です。ここはお蕎麦よりも、外観、内観
その他の方が味わいあるかもしれません(それ以上は言いません。
色んな意味で)。ので外観写真をつけておきます。

あまりの寒さで、鴨汁を注文してしまったので、その時点で、前回も
書きましたように私の蕎麦(自体の)評価はあやしくなります。
美味しいですよ。でも、お蕎麦を食べるためだけなら二度は行かない
かな…という感じです。外人とかそういう客を連れてなら面白いので
行くかもしれません。

ところで、気になる点は、このお店、注意書き多すぎです。あれはしない
でください、これはしないでください…。気持ちはわかりますが、こ
ちらは一応お金を払う側の客ですから、あまりに一から十まであれす
るな、これするな、と書かれるのは不快です。もともとしませんけど、
そういうことをする客が多いから困っていらっしゃるのでしょうけど、
それにしても不快です。

昔、日本を代表する大企業の工場で階段を上っているときに、ふと横を
見たら、「危ない!脇見するな!前を見て上れ!!」と書いてあって
思わず階段から転がり落ちそうになったのを思い出しました。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

岩婦温泉

千葉県安房郡富山町にある岩婦温泉に行ってきました。

浴場は小さく、そこに石で組まれた浴槽がある。
湯は黄褐色透明の硫黄泉。濃厚な硫化水素臭が漂っている。千葉の温泉には結構
硫黄泉が多く、源泉を嗅いでみると匂いが感じられることもよくある。しかし浴
室全体にまで硫黄臭が充満しているというのは珍しい。
それだけではない。ここではカランやシャワーの湯も全て源泉だ。素晴らしい湯
である。

目前の湖は工事中か完全に干上がっていた(笑)。

カテゴリー: 温泉 | コメントする

松戸の松月庵

松戸の松月庵です。

何となくメニューを見ていたら、「味比べ」ということで
そばとうどんに、つゆ(たれ?)も3種ついているものを発見し、
つい好奇心で頼んでしまいました。とろろにたまごもそうです
が、ごまだれまでついていたので、貴重な経験でしたが、
はっきり言って味の評価は不能に陥りました(うどん・そば×
3種つゆ=6通り)全部試しました。おいしいのもあれば、
絶対にやめておいた方が良い組み合わせなんかもあります。
松月庵さんには、申し訳ないですが、味の評価不能です。
頼んだ私が悪いのですが。

カテゴリー: 蕎麦 | コメントする

妻の車を代えました

DSCF1013s.jpg DSCF1017s.jpg

妻は、スバルのビビオビストロとか、ダイハツのミラジーノとかああいう
形の車が大好きでそういうのしか乗りません。これまでビビオビストロ
を超お気に入りで乗っていましたが、この車は二大故障で有名です。
・CVTが(つまりギアが)壊れてダメになる
・オイルが漏れる
幸い我が家のビビオビストロはCVTやエンジンは絶好調でしたが、オイル
漏れは日々ひどくなり、最後はもう「オイル漏れ」などという生やさしい
状態ではなく「オイル吐瀉」の状態でした。我が家の駐車場はオイルだら
けだし、友達の駐車場に行っても汚すわで、もう耐えきれないというあり
さま。いくつかの修理工場に見放され、最後はスバルの正規工場にまで行っ
て見ましたが「手の施しようがありません。ひどい車です」と自社の自動車
を手放しで非難するありさまです。

といっても、好みは好みですのでインターネットを見ていたらCVT交換した
ばかりのビビオビストロが車体価格7.7万円で売りに出ていたので買って
みました。当然オイル漏れのないことを確認して…。

これも後2年ぐらいしたら漏れてくるのでしょうが(オイル漏れ防止剤など
まったく効きません(笑))、まあその時はミラジーノあたりを買ってあげ
ます。

4枚あるドアノブのところが全部傷だらけだったので、ホームセンターで、
1ミクロンほどの研磨材を600円で買ってきて磨いてあげたら新車のように
きれいになりました。施工前、施工後です。

カテゴリー: お気に入り | コメントする

4Rの冬用ジャケット

この糞寒いのにまだGN125に乗り続けています。さすがに
雨の日、雪の日はやめますが、天気が良さそうならばどれだけ
寒くても乗っています。理由は前にも書きましたとおり、
1)通勤片道1000円が80円になる。
2)ウエアーが20年前に比べると格段に進化しており寒くない。
3)どうしても冷たいのは指先ですがこれはバイクカバーで完全
解決。2万円のグローブより2000円のハンドルカバーの方が
暖かいです。
4)足先も冷たいですが、ホームセンター等で売っている1枚
15円の貼るカイロを貼っておけばポカポカ。
5)エネループカイロ(3000円)も使えます。内ポケットに
入れておけばさらにポカポカ。
というわけで、4Rの冬用ジャケットを買いました。格好いいし
快適です。

4R_jacset.jpg
カテゴリー: GN125 | コメントする

電子レンジを買いに秋葉原へ

妻が「電子レンジが壊れた!」というので秋葉原に買いに行ってきました。
もちろんGN125にのって。事前に妻と相談し、機種を決め、インターネット
で一番価格の安い店を探し、電話をして予約をして行ってきました。車なら
片道2時間近くかかるところ45分です。最近GN125を「超高速自転車」と
呼んでいます。関東地方のいかなる渋滞路も関係ありません。距離だけで移動
時間が計算できます。お店に着いたら「ば、ば、バイクでお持ち帰りになる
んですか!!??チャレンジャーですね〜」と言われました。このサイズの
電子レンジをバイクで持って帰る客は初めてだそうです。店員さんとしっかり
縛り付けたら意外とばっちり。丁度良い背もたれになって楽なぐらいでした。
背筋がピンとしましたが。帰りもきっちり45分。交通費140円程度(電車で
行ったら1400円。高速で行ったら2000円)。GN125最高です。

カテゴリー: GN125 | コメントする