井伊 直政

井伊 直政(いい なおまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。井伊氏第24代当主[1]。上野国高崎藩の初代藩主。後に近江国佐和山藩の藩主。さらにその後に近江国彦根藩の初代藩主。

徳川氏の家臣(家臣になった当時は外様)。徳川四天王の一人。自身が組織した井伊の赤備えは戦国屈指の精鋭部隊として特に有名である。徳川氏きっての政治家・外交官としても名高い。遠江国井伊谷の出身で若手の武将でありながら、柳営秘鑑では榊原氏や鳥居氏と並び、三河岡崎御普代として記載されている(譜代の最古参は、安城譜代)。また、江戸時代に譜代大名の筆頭として、江戸幕府を支えた井伊氏の手本となった人物であり、現在の群馬県高崎市と滋賀県彦根市の発展の基礎を築いた人物でもある。

永禄4年(1561年)2月19日、今川氏の家臣である井伊直親の長男として、遠江国井伊谷(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)で生まれる。井伊氏は先祖代々、井伊谷の国人領主であり、直政の祖父(または一族)井伊直盛は今川義元に仕えて桶狭間の戦いで戦死した。父の井伊直親は、直政の生まれた翌、永禄5年(1562年)に謀反の嫌疑を受けて今川氏真に誅殺される。直親の死によって、遺児直政(当時の名は虎松)は僅か2歳であったため、新たに直親の従兄妹に当たる祐圓尼が井伊直虎と名乗り、中継ぎとして井伊氏の当主となった。
その後、直政の生母は今川氏の家臣である松下清景と再婚したため、井伊氏の家督相続権を失う。

しかし、やがて井伊氏は井伊谷の所領を失い、まだ幼かった直政も今川氏に命を狙われる日々を送っていたが、新野親矩に救出されて、その後は養母である直虎に育てられた。天正3年(1575年)、徳川家康に見出され、井伊氏に復することを許され虎松を万千代と改めて、万千代と名乗るようになる。さらにかつての井伊氏の旧領である井伊谷を与えられ、家康の小姓として取り立てられた。同年、家督を代行していた養母の直虎が亡くなったため、正式に当主となった。

直政は、高天神城の攻略を初めとする武田氏との戦いで数々の戦功(家康の寝所に忍び込んで来た武田軍の忍者の討ち取りなど)を立て、その勇名を轟かせた。天正10年(1582年)、22歳で元服を終え、直政と名乗る。この年、家康の養女で松平康親の娘である花(後の唐梅院)と結婚する。その後、旗本先手役に任ぜられて、家康子飼いの武将である本多忠勝や榊原康政の同僚となる。同年の本能寺の変では、家康の伊賀越えに従い、無事に滞在先の堺から三河国に帰還する。さらに武田氏が滅亡した後、北条氏との交渉で徳川方の使者として政治的手腕を発揮し、家康が武田氏の旧領である信濃国、甲斐国を併呑すると、武田家の旧臣達を多数与力に付属され、山県昌景の朱色の軍装を復活させて井伊の赤備えと呼ばれる精鋭部隊の大将となった。また、同時に井伊谷4万石に加増された。

直政は家臣に非常に厳しく、少しでも戦で失敗をした者がいれば容赦せず処罰し、一軍の将となっても自ら先陣に立って戦うことを好むなど激烈な性格で、短所も多かった。そのため、戦の際に陣に留まって指揮を執ることはほとんどなく、筆頭家老である木俣守勝がその役目を果たしたという。「井伊の赤鬼」と称され、諸大名から恐れられた。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは初めて井伊の赤備えを率いて池田恒興を討ち取るなどの武功を挙げ、一躍天下に名を知られるようになる。直政の武力・政治的手腕は豊臣秀吉にも高く評され、家康と秀吉が和解すると、従五位下侍従・兵部少輔に叙任される。天正13年(1585年)には真田攻めにも出陣する。この後、井伊谷6万石に加増される。

直政は新参ながら数々の戦功を評価され、天正18年(1590年)の小田原の役では数ある武将の中で唯一夜襲をかけて小田原城内にまで攻め込んだ武将としてその名を天下に轟かせる。その後、北条氏に代わって家康が江戸に入ると、直政は上野国箕輪城12万石(群馬県高崎市)に封ぜられる。石高は徳川氏家臣団の中で最高で、因みに10万石以上を与えられた者は、直政、本多忠勝、榊原康政の3人のみである。慶長3年(1598年)には、家康の命によって箕輪城を廃し、南の和田城を改築して高崎城と改称して新たな居城とした(地名の由来に関しては高崎市の項目を参照)。この時、箕輪城下に住んでいた民衆達も高崎に移っている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本軍に随行し、本多忠勝と共に東軍の軍監に任命され、東軍指揮の中心的存在となった。同時に全国の諸大名を東軍につける工作を行い、また合戦においても家康の四男・松平忠吉(直政の娘婿)をよく補佐して忠吉と共に当初、東軍の先鋒を任されていた福島正則を差し置いて先鋒を務めた(本来ならば、直政も忠吉も軍令違反で処罰の対象になるが、家康は直政の駆け抜けを認めたため、処罰を命じなかった)。その後の直政と忠吉の行動に関しては2つの説がある。1つは宇喜多秀家の軍・小西行長の軍と戦ったと言う説。もう1つは、敵中突破退却を図ろうとする島津義弘の軍と戦ったと言う説。最近では島津軍と戦ったという説が有力であるとされている(直政は開戦当初から義弘の軍と戦う決意を固めていた[要出典])。この戦いで義弘の甥である島津豊久を討ち取った。しかし、義弘の軍を追撃している際に敵の銃弾が右肘関節(記述によっては右肩または左腕)に命中し、落馬してしまう。

関ヶ原の戦いの後は西軍の総大将を務めた毛利輝元との講和、山内一豊の土佐入国の援助、徳川氏と島津氏の和平交渉の仲立ち(直政自身は和平交渉が完全に終了する前に亡くなったので、その後の和平交渉の仲立ちの役目は本多正信に引き継がれた)などと言った戦後処理と江戸幕府の基礎固めに尽力し、これらの功によって、石田三成の旧領である近江国佐和山(滋賀県彦根市)18万石を与えられた。

また、この頃家康が直政・大久保忠隣・本多正信・榊原康政・本多忠勝・平岩親吉ら6人の重臣を呼び集め、自分の世嗣を誰にするか尋ねているが、直政はこの時自分の娘婿である忠吉を推している。しかし結果的には忠隣が推した徳川秀忠が世嗣となった。

慶長7年(1602年)2月1日に、おそらくは長年の家康に対する奉公による過労と関ヶ原で受けた鉄砲傷が癒えないまま、破傷風が元で死去した。直政が死去した当初、地元の民衆達の間で三成の亡霊が城下を彷徨っているという噂が広まって、このことが家康の耳に入り、家康の命によって、佐和山城を始めとする三成に関係する物の全てを廃した。

その後、彦根城の築城が開始されると同時に佐和山藩は廃藩となった。代わってこの地には新たに彦根藩が置かれた。それ以来、この地は明治時代になるまで井伊氏の藩として大いに栄えることとなった。

家康は、非常時に皇室を守るため、京都に近い彦根に代々勤皇の家柄である井伊家を配したと伝えられ、これを見ても徳川家から強い信頼を受けていたと考えられる。

カテゴリー: 戦国 パーマリンク

コメントを残す