森の中の喫茶店

DSCF0879s.jpg

GN125に乗っていると、どんな細い道でも走れることと、
(おおよそ自転車で行けるところは走れる感じ)、幹線道路は
一般道でも車が時速80km〜100kmぐらいで走っているので、風
圧で疲れます。一般道なんだから法定速度で走ればいいじゃな
いかと思われるかもしれませんが、煽ってくる車が本当に多い
んですよ。日本の一般道を法定速度なんかで走ろうものなら、
バイクの1mぐらい後ろで、煽ったり、ジグザグ運転してきたり
してきます。「法定速度MAXで走ってもイライラされる」と
いうのはこの国の道路事情の矛盾かもしれません。

仕方がないので法定速度+時速10kmぐらいで走って、そういう
イライラドライバーにからまれないようにしていますが、日本
の警察の皆さん、そんなにまで気を使って走っているバイク乗
りを「スピード違反」なんかで捕まえないでくださいね。まじ
で切れますよ(一度切れたことがあります。「こんなに真面目に
働いて、疲れきって帰宅途中のサラリーマンの些細な違反(本
当ですよ)なんかにキップ切ってないで、悪を取り締まれ悪
を!!!」と警察官に向かって大声で叫んでしまいました)。

で、話が脱線しましたが、なので、同じ方面に向かうにしても、
地図を見て、なるべく細い道とか山道とか脇道とかを見つけて
走ることにしています。これが楽しみであり、カーナビが不要
な理由です。
そういう人里離れた山道をゆっくりのんびり走っていると、
突然、こんな感じの素敵な喫茶店に出会うことがあります。
周りの景色のきれいさと、感じの良い喫茶店でしたので、ふ
らっと立ち寄ってみました。
オーナーは東京で定年され、定年後の生活をご夫婦で、趣味と
喫茶店をしながらゆっくりのんびりすごされているそうです。
美味しいコーヒーを頂きながら、趣味の話を色々してください
ました。本当に時間がゆっくり流れていく感じです。

日本にもまだいいところが沢山あるなと感じました。

カテゴリー: GN125 パーマリンク

コメントを残す