立花 誾千代

立花 誾千代(たちばな ぎんちよ、永禄12年8月13日(1569年9月23日) – 慶長7年10月17日(1602年11月30日))は、戦国時代の女性。
大友氏の有力家臣であった立花道雪(戸次鑑連)の一人娘として誕生。名前に含まれる「誾」の字は“慎み人の話を聞く”という意味合いを含めて父・立花道雪が名付けた。傅役には、道雪の後妻の仲介を取り持った縁で、城戸豊前守が命じられた。

天正3年(1575年)、7歳の時に家督を譲られた。道雪は娘に家督を継がせるため、通常の男性当主の相続と同じ手続きを踏み、主家である大友家の許しを得た上で、彼女を立花家の当主とした。戦国時代でもまれな例と言われる。天正9年(1581年)、高橋紹運の長男立花宗茂を婿に迎える。豊臣秀吉の命により宗茂が柳川城へ移ると、立花山城の明け渡しに反対して宮永館へ別居、「宮永殿」と呼ばれた。

関ヶ原の戦いに際しては、鎮西へ撤退してきた宗茂を、家士や従者など数十名を率いて自ら出迎えた。後、加藤清正が宗茂に開城を説得すべく、九州に進軍した折、「街道を進むと、宮永という地を通ることになりますが、ここは立花宗茂夫人の御座所です。柳川の領民は立花家を大変に慕っており、宮永館に軍勢が接近したとあれば、みな武装して攻め寄せてくるでしょう」と聞かされたため、宮永村を迂回して行軍した。

宗茂が改易されると肥後国玉名郡腹赤村(現熊本県玉名郡長洲町)に隠居し、わずか2年後にこの世を去った。享年34。

柳河(現福岡県柳川市)移転後に宗茂と別居(事実上の離婚)するなど、夫とは不仲であったと言われ、夫婦の間に子供はいなかった。

誾千代の菩提寺は、良清寺(福岡県柳川市西魚屋町)で、立花宗茂が、瀬高(福岡県みやま市)上荘の来迎寺の僧で、戦国時代の柳川城主の蒲池鑑盛の孫になる応誉を招いて開かせた。また熊本県玉名郡長洲町に彼女の物と言われる墓があり、形状から「ぼた餅様」と呼ばれている。

文政3年(1820年)には誾千代に瑞玉霊神、夫宗茂に松陰霊神の神号が贈神された

カテゴリー: 戦国 パーマリンク

コメントを残す