島津義弘

天文4年7月23日(1535年8月21日)、島津貴久の次男として生まれる。天文23年(1554年)、父と共に大隅国西部の祁答院良重・入来院重嗣・蒲生範清・菱刈重豊などの連合軍と岩剣城にて戦い、初陣を飾る。
弘治3年(1557年)、大隅の蒲生氏を攻めた際に初めて敵の首級を挙げた。だがこの時、義弘も5本の矢を受け重傷を負った。
永禄3年3月19日(1560年4月24日)、日向国の伊東義祐の攻撃に困惑する飫肥の島津忠親を救う意味で、その養子となって飫肥城に入った。しかし永禄5年(1562年)、薩摩本家が肝付氏の激しい攻撃にさらされるようになると帰還せざるをえなくなり、義弘不在の飫肥城は陥落、養子縁組も白紙となった。
北原氏の領地が伊東義祐に奪われたため島津氏はそれを取り返すために助力したが、北原氏内部での離反者が相次いだため義弘が真幸院を任されることとなり、これ以降飯野城を居城とすることになる。
永禄9年(1566年)、伊東義祐が飯野城攻略のために三ツ山城を建設中と聞き及ぶと、兄・義久、弟・歳久と共にこの完成前に攻め落とそうとするが、城は落とせずまた伊東の援軍と挟み撃ちにあい、義弘も重傷を負って撤退を余儀なくされた。
義久が家督を継ぐと兄を補佐し、元亀3年(1572年)、木崎原の戦いでは伊東義祐が3,000の大軍を率いて攻めてきたのに対して300の寡兵で奇襲、これを打ち破るなど勇猛ぶりを発揮して島津氏の勢力拡大に貢献した。
天正5年(1577年)には伊東義祐を日向から追放、天正6年(1578年)の耳川の戦いにも参加して豊後国から遠征してきた大友氏を破る武功を挙げている。天正9年(1581年)に帰順した相良氏に代わり、天正13年(1585年)には肥後国の守護代として八代に入って阿蘇氏を攻めて降伏させるなど、兄に代わって島津軍の総大将として指揮を執り武功を挙げることも多かった。天正14年(1586年)には豊後に侵攻して大友領を侵食する。
天正15年(1587年)、大友氏の援軍要請を受けた豊臣秀吉の九州平定軍と日向根白坂で戦う(根白坂の戦い)。このとき義弘は自ら抜刀して敵軍に斬り込むほどの奮戦ぶりを示したというが、島津軍は兵力で豊臣軍に及ばず劣勢であり結局敗北する。その後の5月8日(6月13日)に兄・義久が降伏した後も義弘は徹底抗戦を主張したが、5月22日(6月27日)に兄の懸命な説得により、子の島津久保を人質として差し出すことを決めて降伏した。このとき秀吉から大隅国を所領安堵されている。
なお、この際に義久から家督を譲られ島津氏の第17代当主になったとされているが、正式に家督相続がなされた事実は確認できず、義久はその後も島津氏の政治・軍事の実権を掌握しているため、恐らくは形式的な家督譲渡であったものと推測されている。また、秀吉やその側近が島津氏の勢力を分裂させる目的で、義久ではなく弟の義弘を当主として扱ったという説もある。
その後は豊臣政権に対して協力的で、天正20年(1592年)からの文禄の役、慶長2年(1597年)からの慶長の役のいずれも朝鮮へ渡海して参戦している。
文禄の役では四番隊に所属し1万人の軍役を命ぜられたが、旧態依然とした国元の体制や梅北一揆により、豊臣体制下では生存条件とも成る軍役動員がはかどらず「日本一の遅陣」と面目を失い、四番隊を率いる毛利吉成の後を追って江原道に展開した。また、和平交渉中の文禄2年(1593年)9月、朝鮮滞陣中に嫡男の久保を病気で失っている。
慶長の役では慶長2年(1597年)7月、藤堂高虎らの水軍と連携して朝鮮水軍を挟み撃ちにし、敵将・元均を討ち取った(漆川梁海戦)。8月には南原城の戦いに参加して諸将との全州会議に参加した後、忠清道の扶余まで一旦北上してから井邑経由で全羅道の海南まで南下した。その後、10月末より泗川の守備についた。
朝鮮の役(文禄・慶長の役)で義弘は、日本側の記録によれば「鬼石曼子(グイシーマンズ)」として朝鮮・明軍から恐れられていたとされている。「島津」のことを発音から、明では「石蔓子」(明史等)、朝鮮では「沈安頓」・「沈安頓吾」(朝鮮王朝実録等)などの表記で記録を残している場合もあり、「鬼石曼子」すなわち「鬼島津」である。
慶長3年(1598年)9月からの泗川の戦いでは、董一元率いる明・朝鮮の大軍(島津報告20万人、征韓録38700人、宣祖実録十月十二日条 中路明軍26800人及び朝鮮軍2215人の計29015人を7,000人の寡兵で打ち破り、島津家文書では敵兵38,717人を討ち取ったとある(『征韓録』に記載があるが、誇張・誤記の可能性もある)。徳川家康もこの戦果を「前代未聞の大勝利」と評した。なお、このとき義弘は正確な時を知るために7匹の猫を戦場に連れて行ったといわれる[5]。もっとも大きいほうの数字を採用するなら、寡兵が大軍を破った例として世界史にも類例のない大勝利であり、この評判は義弘自身や島津家の軍事能力に伝説性を与え、関ヶ原合戦やひいては幕末にまで心理的影響を与えていく。
朝鮮からの撤退が決定し、朝鮮の役における最後の大規模な海戦となった11月の露梁海戦では、立花宗茂らともに順天城に孤立した小西軍救出の為に出撃するが、明・朝鮮水軍の待ち伏せによって苦戦し後退した。しかし明水軍の副将・鄧子龍や朝鮮水軍の主将・李舜臣を戦死させるなどの戦果を上げた。またこの海戦の結果、海上封鎖が解けたため小西軍は退却に成功しており、日本側の戦略目的は達成されている。これら朝鮮での功により島津家は加増を受けた。
慶長3年(1598年)の秀吉死後、慶長4年(1599年)には義弘の子・島津忠恒によって家老の伊集院忠棟が殺害され忠棟の嫡男・伊集院忠真が反乱を起こす(庄内の乱)などの御家騒動が起こる。このころの島津氏内部では、薩摩本国の反豊臣的な兄・義久と、前記庄内の乱に際しても大阪に留まり親豊臣あるいは中立に立つ義弘の間で、家臣団の分裂ないし分離の形がみられる。義弘に本国の島津軍を動かす決定権がなく、関ヶ原役前後で義弘が率いたのは大坂にあった少数の兵士でしかなかった。
慶長5年(1600年)、徳川家康が上杉景勝を討つために軍を起こすと(会津征伐)、義弘は家康から援軍要請を受けて1,000の軍勢を率い、家康の家臣である鳥居元忠が籠城する伏見城の援軍に馳せ参じる。しかし元忠が家康から義弘に援軍要請したことを聞いていないとして入城を拒否したため、当初の意志を翻して西軍への味方を決意した。
経緯はともかく義弘とその手勢は西軍に参戦する。しかし石田三成ら西軍首脳は、わずかな手勢であったことからか義弘の存在を軽視、美濃墨俣での撤退において前線に展開していた島津隊を置き去りにする形となり、また9月14日(10月20日)の作戦会議で義弘の夜襲策が採られないなど、義弘が戦意を失うようなことが続いた、とされる。
9月15日(10月21日)の関ヶ原の戦いには参加しながらも戦場で兵を動かそうとはしなかった。(一説にはこの時の島津隊は3000余で、松平・井伊隊と交戦していたとする説もある)三成の家臣・八十島助左衛門が三成の使者として義弘に援軍を要請したが、陪臣の八十島が下馬せず救援を依頼したため義弘や豊久は激怒して追い返し、もはや完全に戦う気を失った、ともされている。
関ヶ原の戦いが始まってから数時間、東軍と西軍の間で一進一退の攻防が続いた。しかし14時頃、小早川秀秋の寝返りにより、それまで西軍の中で奮戦していた石田三成隊や小西行長隊、宇喜多秀家隊らが総崩れとなり敗走を始めた。その結果、この時点で300人(1000人という説もあり)まで減っていた島津隊は退路を遮断され敵中に孤立することになってしまった。この時、義弘は覚悟を決めて切腹しようとしていたが、甥の島津豊久の説得を受けて翻意し、敗走する宇喜多隊や小西隊の残兵が島津隊内に入り込もうとするのを銃口を向けて追い払い自軍の秩序を守る一方で、正面の伊勢街道からの撤退を目指して前方の敵の大軍の中を突破することを決意する。島津軍は先陣を豊久、右備を山田有栄、本陣を義弘という陣立で突撃を開始した。

島津隊は東軍の前衛部隊である福島正則隊を突破する。このとき正則は死兵と化した島津軍に逆らう愚を悟って無理な追走を家臣に禁じたが、福島正之は追撃して島津豊久と激戦を繰り広げた。その後、家康の本陣に迫ったところで転進、伊勢街道をひたすら南下した。この逃走劇に対して井伊直政、本多忠勝、松平忠吉らが追撃したが、追撃隊の大将だった直政は重傷を負い忠吉も負傷した(直政はこのとき受けた傷がもとで後に病に倒れ、死に至ったと言われ、また忠吉が負傷したのは開戦当初とする説もある)。しかし、戦場から離脱しようとする島津軍を徳川軍は執拗に追撃し続けた。
このとき島津軍は捨て奸(すてがまり)と言われる、何人かずつが留まって死ぬまで敵の足止めをし、それが全滅するとまた新しい足止め隊を残すという壮絶な戦法を用いた。その結果、豊久や義弘の家老・長寿院盛淳らが義弘の身代わりとなり多くの将兵も犠牲になったが、後に「小返しの五本鑓」と称される者たちの奮戦並びに東軍も直政や忠吉の負傷によって追撃の速度が緩み、まもなく家康から追撃中止の命が出されたこともあって、義弘自身はかろうじて敵中突破に成功した。義弘は摂津住吉に逃れていた妻を救出し、立花宗茂らと合流、共に海路から薩摩に逃れたという。生きて薩摩に戻ったのは、300人のうちわずか80数名だったといわれる。また、その一方で川上忠兄(ただえ)を家康の陣に、伊勢貞成を長束正家の陣に派遣し撤退の挨拶を行わせている。この退却戦は「島津の退き口」と呼ばれ全国に名を轟かせた。
薩摩に戻った義弘は、敗戦の痛手にもめげず薩摩領全土をあげて徳川からの討伐に対する武備を図る姿勢を取って国境を固める一方で、全身全霊を傾けて家康との和平交渉にあたる。ここで義弘は、和平交渉の仲介を関ヶ原で重傷を負わせた井伊直政に依頼した。この選択は賭でもあったが、頼られた直政は誠心誠意、徳川・島津の講和のために奔走している。また関ヶ原で島津勢の捨て身の攻撃を目のあたりにした福島正則の尽力もあったとも言われる。
慶長5年9月30日(1600年11月5日)、当主出頭要請を拒み軍備を増強し続ける島津家の態度に、怒った家康は九州諸大名に島津討伐軍を号令。黒田、加藤、鍋島勢を加えた3万の軍勢を島津討伐に向かわせるが、家康は攻撃を命令できず睨み合いが続いた。関ヶ原に主力を送らなかった島津家には1万を越す兵力が健在であり、戦上手の義弘も健在。もしここで長期戦になり苦戦するようなことがあれば家康に不満を持つ外様大名が再び反旗を翻す恐れがあったため、家康は態度を軟化せざるを得ず11月12日(12月17日)、島津討伐軍に撤退を命令した。そして、慶長7年(1602年)に島津本領安堵を決定する。すなわち、「義弘の行動は個人行動であり、当主の義久および一族は承認していないから島津家そのものに処分はしない」とした。まさに方便ともいうべき論法であるが、こうして島津氏に対する本領の安堵、島津忠恒(長男は夭折、次男・久保は文禄の役で陣没)への家督譲渡が無事承認された。 島津を誅伐出来なかった家康はこのことが心残りで、死に臨んで遺体を薩摩に向けて葬るように遺言を残したとされる。家康の憂いは250年後に現実のものとなる。
その後、義弘は大隅の加治木に隠居した。その後は若者たちの教育に力を注ぎ、元和5年7月21日(1619年8月30日)にこの地で死去。享年85(満83歳没)。このとき、義弘の後を追って13名の家臣が殉死している。
辞世の句
「天地(あめつち)の 開けぬ先の 我なれば 生くるにもなし 死するにもなし」
「春秋(しゅんじゅう)の 花も紅葉も 留まらず 人も空しき 関路なりけり」

天文4年7月23日(1535年8月21日)、島津貴久の次男として生まれる[1]。はじめ忠平と称したが、後に将軍足利義昭から偏諱を賜って義珍(よしたか)と改め、さらに義弘と改めた。

天文23年(1554年)、父と共に大隅国西部の祁答院良重入来院重嗣蒲生範清菱刈重豊などの連合軍と岩剣城にて戦い、初陣を飾る[1]弘治3年(1557年)、大隅の蒲生氏を攻めた際に初めて敵の首級を挙げた。だがこの時、義弘も5本の矢を受け重傷を負った[1]

永禄3年3月19日1560年4月24日)、日向国伊東義祐の攻撃に困惑する飫肥島津忠親を救う意味で、その養子となって飫肥城に入った[1]。しかし永禄5年(1562年)、薩摩本家肝付氏の激しい攻撃にさらされるようになると帰還せざるをえなくなり、義弘不在の飫肥城は陥落、養子縁組も白紙となった。

北原氏の領地が伊東義祐に奪われたため島津氏はそれを取り返すために助力したが、北原氏内部での離反者が相次いだため義弘が真幸院を任されることとなり、これ以降飯野城を居城とすることになる[1]

永禄9年(1566年)、伊東義祐が飯野城攻略のために三ツ山城を建設中と聞き及ぶと、兄・義久、弟・歳久と共にこの完成前に攻め落とそうとするが、城は落とせずまた伊東の援軍と挟み撃ちにあい、義弘も重傷を負って撤退を余儀なくされた。

勢力拡大 [編集]

義久が家督を継ぐと兄を補佐し、元亀3年(1572年)、木崎原の戦いでは伊東義祐が3,000の大軍を率いて攻めてきたのに対して300の寡兵で奇襲、これを打ち破るなど勇猛ぶりを発揮して島津氏の勢力拡大に貢献した。

天正5年(1577年)には伊東義祐を日向から追放、天正6年(1578年)の耳川の戦いにも参加して豊後国から遠征してきた大友氏を破る武功を挙げている。天正9年(1581年)に帰順した相良氏に代わり、天正13年(1585年)には肥後国の守護代として八代に入って阿蘇氏を攻めて降伏させるなど、兄に代わって島津軍の総大将として指揮を執り武功を挙げることも多かった。天正14年(1586年)には豊後に侵攻して大友領を侵食する。

天正15年(1587年)、大友氏の援軍要請を受けた豊臣秀吉九州平定軍と日向根白坂で戦う(根白坂の戦い)。このとき義弘は自ら抜刀して敵軍に斬り込むほどの奮戦ぶりを示したというが、島津軍は兵力で豊臣軍に及ばず劣勢であり結局敗北する。その後の5月8日6月13日)に兄・義久が降伏した後も義弘は徹底抗戦を主張したが、5月22日6月27日)に兄の懸命な説得により、子の島津久保を人質として差し出すことを決めて降伏した。このとき秀吉から大隅国を所領安堵されている。

なお、この際に義久から家督を譲られ島津氏の第17代当主になったとされているが、正式に家督相続がなされた事実は確認できず、義久はその後も島津 氏の政治・軍事の実権を掌握しているため、恐らくは形式的な家督譲渡であったものと推測されている。また、秀吉やその側近が島津氏の勢力を分裂させる目的 で、義久ではなく弟の義弘を当主として扱ったという説もある。

豊臣政権下 [編集]

その後は豊臣政権に対して協力的で、天正20年(1592年)からの文禄の役慶長2年(1597年)からの慶長の役のいずれも朝鮮へ渡海して参戦している。

文禄の役では四番隊に所属し1万人の軍役を命ぜられたが、旧態依然とした国元の体制や梅北一揆により、豊臣体制下では生存条件とも成る軍役動員がはかどらず「日本一の遅陣」と面目を失い、四番隊を率いる毛利吉成の後を追って江原道に展開した。また、和平交渉中の文禄2年(1593年)9月、朝鮮滞陣中に嫡男の久保を病気で失っている。

慶長の役では慶長2年(1597年)7月、藤堂高虎らの水軍と連携して朝鮮水軍を挟み撃ちにし、敵将・元均を討ち取った(漆川梁海戦)。8月には南原城の戦いに参加して諸将との全州会議に参加した後、忠清道扶余まで一旦北上してから井邑経由で全羅道海南まで南下した。その後、10月末より泗川の守備についた。

朝鮮の役(文禄・慶長の役)で義弘は、日本側の記録によれば「石曼子[2](グイシーマンズ)[3]」として朝鮮・明軍から恐れられていたとされている。「島津」のことを発音から、明では「石蔓子」(明史等)、朝鮮では「沈安頓」・「沈安頓吾」(朝鮮王朝実録等)などの表記で記録を残している場合もあり、「鬼石曼子」すなわち「鬼島津」である。 ただし、現存する朝鮮側資料に「鬼」を冠した記載は見つかっていない[4]。鬼石曼子の表現について朝鮮通信使の一人だった元重挙は『和国誌』で日本側の記録を訳しながら「何を意味するのか分からないが日本の鬼の名のようだ」と記録している。また、中国語における「鬼」の表現は、日本語における勇猛なイメージはなく、つまらない奴や忌々しい奴という蔑視表現に近い[要出典]

慶長3年(1598年)9月からの泗川の戦いでは、董一元率いる・朝鮮の大軍(島津報告20万人、征韓録38700人、宣祖実録十月十二日条 中路明軍26800人及び朝鮮軍2215人の計29015人を7,000人の寡兵で打ち破り、島津家文書では敵兵38,717人を討ち取ったとある(『征韓録』に記載があるが、誇張・誤記の可能性もある)。徳川家康もこの戦果を「前代未聞の大勝利」と評した。なお、このとき義弘は正確な時を知るために7匹の猫を戦場に連れて行ったといわれる[5]。もっとも大きいほうの数字を採用するなら、寡兵が大軍を破った例として世界史にも類例のない大勝利であり、この評判は義弘自身や島津家の軍事能力に伝説性を与え、関ヶ原合戦やひいては幕末にまで心理的影響を与えていく。

朝鮮からの撤退が決定し、朝鮮の役における最後の大規模な海戦となった11月の露梁海戦では、立花宗茂らともに順天城に孤立した小西軍救出の為に出撃するが、明・朝鮮水軍の待ち伏せによって苦戦し後退した。しかし明水軍の副将・鄧子龍や朝鮮水軍の主将・李舜臣を戦死させるなどの戦果を上げた。またこの海戦の結果、海上封鎖が解けたため小西軍は退却に成功しており、日本側の戦略目的は達成されている。これら朝鮮での功により島津家は加増を受けた。

関ヶ原 [編集]

慶長3年(1598年)の秀吉死後、慶長4年(1599年)には義弘の子・島津忠恒によって家老の伊集院忠棟が殺害され忠棟の嫡男・伊集院忠真が反乱を起こす(庄内の乱) などの御家騒動が起こる。このころの島津氏内部では、薩摩本国の反豊臣的な兄・義久と、前記庄内の乱に際しても大阪に留まり親豊臣あるいは中立に立つ義弘 の間で、家臣団の分裂ないし分離の形がみられる。義弘に本国の島津軍を動かす決定権がなく、関ヶ原役前後で義弘が率いたのは大坂にあった少数の兵士でしか なかった。

慶長5年(1600年)、徳川家康が上杉景勝を討つために軍を起こすと(会津征伐)、義弘は家康から援軍要請を受けて1,000の軍勢を率い、家康の家臣である鳥居元忠が籠城する伏見城の援軍に馳せ参じる。しかし元忠が家康から義弘に援軍要請したことを聞いていないとして入城を拒否したため、当初の意志を翻して西軍への味方を決意した。

経緯はともかく義弘とその手勢は西軍に参戦する。しかし石田三成ら西軍首脳は、わずかな手勢であったことからか義弘の存在を軽視、美濃墨俣での撤退において前線に展開していた島津隊を置き去りにする形となり、また9月14日10月20日)の作戦会議で義弘の夜襲策[6]が採られないなど、義弘が戦意を失うようなことが続いた、とされる。

9月15日10月21日) の関ヶ原の戦いには参加しながらも戦場で兵を動かそうとはしなかった。(一説にはこの時の島津隊は3000余で、松平・井伊隊と交戦していたとする説もあ る)三成の家臣・八十島助左衛門が三成の使者として義弘に援軍を要請したが、陪臣の八十島が下馬せず救援を依頼したため義弘や豊久は激怒して追い返し、も はや完全に戦う気を失った、ともされている。

関ヶ原の戦いが始まってから数時間、東軍と西軍の間で一進一退の攻防が続いた。しかし14時頃、小早川秀秋の寝返りにより、それまで西軍の中で奮戦していた石田三成隊や小西行長隊、宇喜多秀家隊らが総崩れとなり敗走を始めた。その結果、この時点で300人(1000人という説もあり)まで減っていた島津隊は退路を遮断され敵中に孤立することになってしまった。この時、義弘は覚悟を決めて切腹しようとしていたが、甥の島津豊久の説得を受けて翻意し、敗走する宇喜多隊や小西隊の残兵が島津隊内に入り込もうとするのを銃口を向けて追い払い自軍の秩序を守る一方で、正面の伊勢街道からの撤退を目指して前方の敵の大軍の中を突破することを決意する。島津軍は先陣を豊久、右山田有栄、本陣を義弘という陣立で突撃を開始した。

島津隊は東軍の前衛部隊である福島正則隊を突破する。このとき正則は死兵と化した島津軍に逆らう愚を悟って無理な追走を家臣に禁じたが、福島正之は追撃して島津豊久と激戦を繰り広げた。その後、家康の本陣に迫ったところで転進、伊勢街道をひたすら南下した。この逃走劇に対して井伊直政本多忠勝松平忠吉らが追撃したが、追撃隊の大将だった直政は重傷を負い忠吉も負傷した(直政はこのとき受けた傷がもとで後に病に倒れ、死に至ったと言われ、また忠吉が負傷したのは開戦当初とする説もある)。しかし、戦場から離脱しようとする島津軍を徳川軍は執拗に追撃し続けた。

このとき島津軍は捨て奸(すてがまり)と言われる、何人かずつが留まって死ぬまで敵の足止めをし、それが全滅するとまた新しい足止め隊を残すという壮絶な戦法を用いた。その結果、豊久や義弘の家老・長寿院盛淳らが義弘の身代わりとなり多くの将兵も犠牲になったが、後に「小返しの五本鑓」と称される者たちの奮戦並びに東軍も直政や忠吉の負傷によって追撃の速度が緩み、まもなく家康から追撃中止の命が出されたこともあって、義弘自身はかろうじて敵中突破に成功した。義弘は摂津住吉に逃れていた妻を救出し、立花宗茂らと合流、共に海路から薩摩に逃れたという。生きて薩摩に戻ったのは、300人のうちわずか80数名だったといわれる。また、その一方で川上忠兄(ただえ)を家康の陣に、伊勢貞成長束正家の陣に派遣し撤退の挨拶を行わせている[7]。この退却戦は「島津の退き口」と呼ばれ全国に名を轟かせた。

島津家の存続 [編集]

薩摩に戻った義弘は、敗戦の痛手にもめげず薩摩領全土をあげて徳川からの討伐に対する武備を図る姿勢を取って国境を固める一方で、全身全霊を傾けて 家康との和平交渉にあたる。ここで義弘は、和平交渉の仲介を関ヶ原で重傷を負わせた井伊直政に依頼した。この選択は賭でもあったが、頼られた直政は誠心誠 意、徳川・島津の講和のために奔走している。また関ヶ原で島津勢の捨て身の攻撃を目のあたりにした福島正則の尽力もあったとも言われる。

慶長5年9月30日(1600年11月5日)、 当主出頭要請を拒み軍備を増強し続ける島津家の態度に、怒った家康は九州諸大名に島津討伐軍を号令。黒田、加藤、鍋島勢を加えた3万の軍勢を島津討伐に向 かわせるが、家康は攻撃を命令できず睨み合いが続いた。関ヶ原に主力を送らなかった島津家には1万を越す兵力が健在であり、戦上手の義弘も健在。もしここ で長期戦になり苦戦するようなことがあれば家康に不満を持つ外様大名が再び反旗を翻す恐れがあったため、家康は態度を軟化せざるを得ず11月12日12月17日)、島津討伐軍に撤退を命令した。そして、慶長7年(1602年)に島津本領安堵を決定する。すなわち、「義弘の行動は個人行動であり、当主の義久および一族は承認していないから島津家そのものに処分はしない」とした。まさに方便ともいうべき論法であるが、こうして島津氏に対する本領の安堵、島津忠恒(長男は夭折、次男・久保は文禄の役で陣没)への家督譲渡が無事承認された(異説あり)[8]。 島津を誅伐出来なかった家康はこのことが心残りで、死に臨んで遺体を薩摩に向けて葬るように遺言を残したとされる。家康の憂いは250年後に現実のものとなる。

晩年 [編集]

その後、義弘は大隅の加治木隠居した。その後は若者たちの教育に力を注ぎ、元和5年7月21日(1619年8月30日)にこの地で死去。享年85(満83歳没)。このとき、義弘の後を追って13名の家臣が殉死している。

辞世の句 [編集]

  • 「天地(あめつち)の 開けぬ先の 我なれば 生くるにもなし 死するにもなし」
  • 「春秋(しゅんじゅう)の 花も紅葉も 留まらず 人も空しき 関路なりけり」
カテゴリー: 戦国 パーマリンク

コメントを残す