株に投資するということ(2)

昔の大リーグの有名選手ヨギ・ベラの名文句「こんなレストランは誰も来なくなるな。なにしろ混みすぎているよ」も株式投資の神髄を言い表していると言えます。

ヨギ・ベラについてはWikiに次のようにあります。

ヨギ・ベラ(Lawrence Peter “Yogi” Berra, 1925年5月12日 – )はアメリカ・メジャーリーグで活躍した捕手。 はじめマイナーリーグでプレーした後、1946年にニューヨーク・ヤンキースと契約、最初はキャッチャーとしては今一つだったため、ベラの前にヤンキースの正捕手を務めていたビル・ディッキーに1年間、徹底的に仕込まれた逸話がある。

本名はローレンス・ピーター・ベラだが、子供の頃に友人のボビー・ホフマン(後ニューヨーク・ジャイアンツでプレー)が映画で見たインドのヘビ使いに歩き方がそっくりだった事から、同じインドのつながりで「ヨギ」と呼び始めたのが言の始まりという。彼の発言は独特の言い回しから、「ヨギイズム」と呼ばれた。

ベラの現役時代のヤンキースは主力にジョー・ディマジオ、ミッキー・マントルらの強力スラッガーと、エースにはホワイティ・フォードを擁しており、正に黄金時代であった。自身も「悪球打ち」と呼ばれる巧打者として活躍し、「ヘリコプター・スイング」と呼ばれた独特の打撃スタイルから、引退までに打った358本塁打は、当時キャッチャーとして最多の本塁打だった。またベラは13回ワールドシリーズ出場を果たしているが、これはメジャー史上最多出場である。アメリカンリーグMVPも3度受賞した。

引退後はヤンキースのコーチ、監督のほか、ニューヨーク・メッツのコーチなどを歴任。1985年、ヤンキースのオーナーであるジョージ・スタインブレナーと大喧嘩を起こし、「もう二度とヤンキー・スタジアムには来ない」と、長らく球界から身を引いたが、ジョー・ディマジオらの尽力で、1998年にスタインブレナーと和解。1999年にジョー・ディマジオが没した後、彼が務めていたヤンキー・スタジアムでの始球式をベラが引き継いだ。2004年のヤンキース日本開幕戦にも来日し、読売ジャイアンツとのオープン戦では、始球式で金田正一の球を受けるキャッチャーも務めた。現在はアメリカで放映中の保険会社Aflacの広告で、ヨギイズムを披露している(”They give you a cash, that’s just as good as money”など)。

1972年にアメリカ野球殿堂入り。背番号8はヤンキースの永久欠番。

ヨギイズム:
“It ain’t over ‘til it’s over.” : (ゲームは)終わるまで終わらない
“I didn’t say everything I said.” : 全部言った事は言ってない
“You observe a lot by watching.” : 観察すればたくさん観察できる
“This is the earliest I’ve ever been late.” : 今まで遅れた中で一番早かったよ

混むようなレストラン(業績が良く、経営体質も堅実で将来性も有望な企業)には誰しも行きたい(買いたい)が、なにしろ混んでいる(みんなが買ってすっかり高値である)。逆に空いているレストランには行きたいが、空いている理由がある(まずい、汚い、くさい、など)。

カテゴリー: 株式投資 パーマリンク

コメントを残す