間宮林蔵の家

DSCF0811s.jpg

間宮林蔵の生家が記念館として保存されています。GN125で
行ってきました。

それにしても地味な観光名所です。休みに行っても、ビジターは
ほとんどいません。私はこういう「空いている観光地」大好きで
す。

間宮林蔵は、19世紀初頭、北海道地方に20年以上滞在し、蝦夷・
千島列島・樺太の探検において数々の業績を残しています。とりわけ
樺太・東韃靼の探査では間宮海峡を発見し、その名は現在でも世界地
図上に明記されています。

場所は、茨城県筑波郡伊奈町ですが、例によって市町村合併によって
「つくばみらい市」という訳のわからない地名になりました。
つくば市はすでにあるので、悔しいから「つくばみらい市」なので
しょうか?それともあと10年ぐらい先にはつくば市に合併してねお
願い、の祈りを込めて「つくばみらい市」なのでしょうか?
とにかく変な地名になりました。筑波郡伊奈町の方がずっと情緒が
あっていいのに。
伊能忠敬の方は、あれほどもてはやされ、記念館もりっぱなのに、間宮林蔵
記念館のこの地味さは可哀想です。どううにかしてやれ「つくばみらい市」!

カテゴリー: GN125, お気に入り パーマリンク

コメントを残す