Enemy At The Gate

20060911_EnemyAtTheGate.jpg

2000年アメリカ/ドイツ/イギリス/アイルランド
監督: ジャン=ジャック・アノー
出演: ジュード・ロウ、エド・ハリス、レイチェル・ワイズ

監督は「薔薇の名前」「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のジャン=ジャック・アノー。1942年9月。ナチス・ドイツの猛攻にさらされ陥落寸前のスターリングラードで、実在した第二次大戦の伝説のスナイパーがドイツ側天才スナイパーと極限状況で死闘を演じる….。
久々にかっこいいと思った映画です。描き方が渋い。特にエド・ハリス演じるドイツ側スナイパーが最高です。映画評の中に「歴史に残る尻映画だ」というのがあって笑いました。映画中ジュード・ロウとレイチェル・ワイズが営舎の中で絡むシーンがあってその中で白く光るレイチェル・ワイズのお尻が史上最高に色っぽいと…。わははは。世の中には色々な映画の見方があるものです。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す